マイホームの購入か賃貸か、どちらがいいのか?

マイホームの購入か賃貸か、どちらがいいのでしょうか。
まずは、毎月の出費で比較してみましょう。

スポンサード リンク


毎月の出費を考えるとマイホームがいい?

マイホームには家賃がかかりませんので、マイホームのローンさえ完済すれば、毎月の出費はなくなると思うかもしれません。
しかしながら、一戸建ての場合は、固定資産税がかかります。固定資産税は土地と建物両方にかかります。
マンションの場合だと固定資産税と管理費などの諸経費がかかります(マンションでも土地の固定資産税は払うことになります)。またマンションの場合、修繕費もあります。マンションでは管理費を支払うお陰で、共用部分の清掃をしなくてもよく快適に過ごせますが、意外にその金額は大きなものです。

とはいえ、賃貸は、家賃がもし15万円だったら、30年住んだら5400万円になります。固定資産税、管理費などの諸経費に比べると、やはり高額になります。ですから、この金額だけを見ると、マイホームが良いという考えになるのではないでしょうか。

長年住むならばマイホーム、引っ越すなら賃貸

仮住まいを考えている人には、マイホームはあまり向いてません。持ち家になりますと、売却ができるかどうかという問題に直面するためです。
売却が簡単である、と考えるならばマイホームを購入する事は推薦できるものになりますが、実際は、売却は簡単ではありません。長年住みたいという前提がないと、マイホームの購入は推薦できません。

賃貸はどうでしょうか。賃貸は、とにかく責任がないというのがあります。すべて大家さんが管理していますから、責任は大家さんにあります。賃貸でしたら、長年住むには不向きであるかもしれませんが、軽く住めるという利点はあります。もし恋愛などをして、移動が頻繁である、といった場合は賃貸がいいでしょう。賃貸は移動するにはとても向いていますので、短期間しか居ないといった場合はとても向いています。とにかく何か問題があったりして引っ越ししなくてはならないとか、恋愛などをして引越ししなくてはならないなど、この場合は賃貸が向いています。

デフレかインフレ

今現在はデフレですから、物価が安く、低金利です。
すなわち、賃貸の家賃も安いですし、マイホームを購入する時にローンを組んでも金利が低く、毎月の負担も少なくなっています。
しかしこれがインフレになりますと、事態が変化します。
物価は上昇していき、家賃も上がっていきます。金利も上昇していき、高金利になり、マイホームをローンで購入した人は毎月の返済額もあがっていきます。
賃貸でも、マイホームのローンを組んでいる人も、両方とも不利益を被ります。

その中で、不利益を被らないのは、マイホームを購入して固定金利でローンを組んでいる人と、ローンを完済した人です。
インフレが来ると思えば、マイホームを固定金利で購入するのもいいのかもしれません。


>「マイホームの選び方」のトップページ

スポンサード リンク