マイホームは立地で選べ

マイホームを選ぶとき、価格で選ぶこともあるのではないでしょうか。
価格だけでみると、実は50万円の不動産も存在しますし、反対に億ションも存在します(50万円の不動産は地方のボロボロの物件ですし、億ションは、すごいものです)。
同じ価格帯の不動産でも、内装から外装までさまざまな建物がありますし、木造建築であったり、コンクリート造りであったりします。
このように、様々な不動産がありますが、マイホームを購入する時に注目したいのは、やはり立地です。
立地がよければ、マイホームを買い換えたり、事情があって手放したりしなければならないときに、売却しやすくなります。

スポンサード リンク


立地

立地といえば、駅に近いとか、スーパーに近いとかを思いつくのではないでしょうか。
駅に近いかどうかは重要です。マイホームを売りに出すときも、有利な材料になります。しかし、スーパーに近いかどうかは微妙です。マイホームに住むのは、十数年、数十年と長期間に及びます。それでも、スーパーが潰れず営業しているかどうかはわからないためです。

また、土地の地形もあります。いくら交通の便がよくても、坂道が多いと住むのが大変です。平坦な土地を選ぶといいでしょう。

最後に、防災マップも確認するといいでしょう。海抜が低ければ、それだけ水害を被るリスクも高くなります。できるだけ、海抜が高い土地を選ぶようにしましょう。


>「マイホームの選び方」のトップページ

スポンサード リンク