マンションか一戸建てか〜マイホームの選び方

マイホームを購入する時、マンションか一戸建てか、どちらがいいのか悩むのではないでしょうか。
結論から書くと、どちらが優れているということはありません。
それぞれのメリット、デメリットを知って、自分に合う方を選ぶといいでしょう。
というわけで、ここでは、マンションと一戸建てのメリット、デメリットを紹介していきます。

スポンサード リンク


マンションは機密性がある

まずは、機密性です。
マンションのメリットは機密性が高いことです。ですから保温性に優れています。冷暖房がよく効きますし、乾燥した季節に加湿器を使っても、一戸建てに比べると湿度が逃げにくく、電気代の節約になります。

一方、木造の一戸建てでしたら、木造ですと保温性は期待できません。冷暖房をかけても、マンションほど効きませんし、加湿器も、パワーのあるものじゃないと、あまり効果がありません。電気代が高くなります。

マンションは機密性がある

次に、管理です。
マイホームを持つということは、管理をしっかりしなくてはなりませんからね。掃除などをして、しっかり管理していく必要があります。
マンションは管理会社がありますので、管理してくれます。一戸建ては個人で管理していきます。
ただ、マンションは、管理費という名目でお金がかかりますが、一戸建てはかかりません。

マンションは機密性がある

次は、庭です。
一階や最上階の方だと、庭と呼べる大きなスペースがあるマンションもありますが、基本、マンションはベランダだけです。一戸建ては、庭がないものもありますが、基本、庭があります。
庭の手入れは、面倒な一方、自分だけのスペースというメリットもあります。

マンションは機密性がある

最後に、騒音問題です。
マンションだと、上下左右の部屋の住人が出す音が気になることもあります。賃貸用のマンションと分譲マンションを比べると、一般的に、分譲マンションの方が、騒音が響きにくい構造になっていますが、それでもやはり、どういう住人がいるのかで、快適な生活が送れるかどうかが変わるといっても過言ではありません。
一戸建ては、密接して建てられている地区でも、間に空気の層をはさむため、音が伝わりにくく、マンションほど騒音問題を気にすることはありません。


>「マイホームの選び方」のトップページ

スポンサード リンク