マイホームが建つまでの間、賃貸を利用する場合

建築中のマンションや、土地を買って一戸建てを建築する場合、マイホームが建つまでの期間、一時的に賃貸を利用することもあります。そこで、ここでは賃貸物件を利用する場合のあれこれを紹介します。

スポンサード リンク


賃貸では連帯保証人が必要

賃貸では、連帯保証人が必要になります。
連帯保証人がいない場合、もしくは連帯保証人の信用度が低い場合(例:年金暮らしの親しか連帯保証人がいない場合など)、保証人不要の賃貸物件を探すか、保証人を代行してくれる第三者機関を利用するかになります。また、不動産業者によっては、クレジットカードを利用する事で連帯保証人不要になるところもあります。
ただ、保証人を代行する第三者機関は、割高になりますし、クレジットカードを利用する場合は、手数料がかかります。

賃貸は一時利用なので、家具つきの賃貸も考慮しよう

要は、マイホームが建つまでの一時の利用なので、家具がついている賃貸物件を利用するのも一つの手です。マンスリーマンション、ウイークリーマンションなどがいいでしょう。家具は、レンタル倉庫を利用するといいでしょう。

賃貸物件を探す方法

賃貸物件は、駅前の不動産業者に行くのでも、街中の小さな不動産業者に行くのでもいいですが、ネットでも検索できます。実際に現地に足を運ぶのは大変なので、ネットで賃貸物件を検索して、めぼしいところを見つけるといいでしょう。

賃貸物件の検索


>「マイホームの選び方」のトップページ

スポンサード リンク